春夏野菜の美肌力・疲労回復力ランキング

抗酸化力が強くて活性酸素を消せる野菜は美肌や疲労回復に役立つ。

 

紫外線がどんどん強まるシーズンはもう目の前。
活性酸素を打ち消す抗酸化パワーを秘めた春夏野菜のランキングはこちら!

 

 

美肌力ランキング

 

疲労回復力ランキング

アシタバ

パプリカ

オクラ

ゴーヤー

菜の花

菜の花

バジル

アシタバ

青じそ

バジル

モロヘイヤ

青じそ

シシトウ

モロヘイヤ

水菜

アスパラガス

ナス

ピーマン

パプリカ

ナス

 

美肌力・疲労回復力に効果のある注目の野菜

【アシタバ】
豊富な抗酸化成分が疲労回復や美肌をサポート
「葉を摘んでも明日には芽が出る」といわれる強い生命力を持つ。
茎や葉を切ると出てくる黄色い色素は、アシタバに特有の抗酸化成分・カルコン。
血糖値を低下させ、内臓脂肪を減らす作用がある。
柑橘類の皮に含まれる香り成分のクマリン、βカロテン、ビタミンCなど、疲労回復や美肌力アップに役立つその他の抗酸化成分も豊富。

 

有効成分を生かす調理のコツ

油を使えば吸収率アップ
カルコンもβカロテンも脂溶性成分。
油を使った炒め物やてんぷらにすると、吸収率が高まる。

 

 

【菜の花】
ビタミン、ミネラル、カルシウムなどをぎゅっと凝縮
ヒドロキシラジカルや一重項酸素を消去するβカロテンやビタミンEの他、葉酸、鉄分、カリウムなどのミネラルやカルシウムを豊富に含むホールパッケージ野菜。
アブラナ科の野菜の中でも、硫黄化合物、イソチオシアネートのものとなるグルコシノレートの含有量は断トツ。
体の抵抗力を高めるビタミンCも多い。

 

有効成分を生かす調理のコツ

つぼみを落とさないように洗おう
グルコシノレートが特に多いのはつぼみ部分。
ここを落とさないよう、水洗いはそっと優しく。

 

 

【モロヘイヤ】
βカロテンが美肌を作り出し、粘り成分が胃腸を保護
美肌を生み出すβカロテンは西洋カボチャの約2倍、肌の炎症を防ぐビタミンB2はほうれん草の20倍も。
またシミを抑制するケルセチンも豊富。
独特のぬめりはムチンによるもの。
胃腸などの消化器官や目などの粘膜を保護し、肝機能を高める作用もある。
カルシウム、カリウム、鉄などのミネラルの他、食物繊維も多い。

 

有効成分を生かす調理のコツ

油が摂取効率アップのカギ
ゆでて刻むのが一般的だが、脂溶性のβカロテンの摂取効率を上げる為、油で調理してもいい。

 

 

抗酸化力とは?

抗酸化力とは老化や病気の原因となる活性酸素を消去する力のこと。
活性酸素は主にスーパーオキシド、ヒドロキシラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4つ。
活性酸素のタイプごとに、消去に効果を発揮する抗酸化成分は異なる。

 

美しい肌と疲れしらずの体。
その大敵となるのが体内で発生する活性酸素。
うれしいことに野菜には活性酸素を打ち消す高い抗酸化力を持つものが多い。

 

活性酸素のタイプは4つ。
そのうち紫外線を浴びると多く発生するのが一重項酸素で、最も酸化力の強いのがヒドロキシラジカル。
美肌を望むなら前者、疲労回復が目的なら後者を撃退する野菜を取ろう。

 

美肌力と疲労回復力にランキングされた野菜は入手しやすいものが大半。
アシタバや菜の花のように両部門に名を連ねる野菜をとれば、美も健康もどちらにも効果がありそう。

 

 

関連記事

野菜の免疫力ランキング