皮付きの野菜と皮なしの野菜どっちがいいの?

残留農薬のリスクを減らして皮もなるべく食べたい。

 

野菜の皮の近くには、栄養が豊富に含まれる一方、皮には残留農薬の危険性がある。
では、皮付き、皮なし、どちらを食べるのが正解なのでしょうか?

 

例えば、ジャガイモの皮の付近には、抗酸化作用や脂肪燃焼作用があるとされるポリフェノールの一種、クロロゲン酸が含まれる。
こうした栄養成分を逃さない為には、できれば皮も一緒に食べたい。

 

一方で、気になる残留農薬は、根菜類や果菜類は、スポンジなどを使って、こすり洗いを徹底し、葉菜類なら、外側の皮を取り除けば、残留農薬のリスクは低くなる。
しかし、皮は水分量も少なく硬いことが多いので、料理との相性で皮付き皮なしを選択すれば良い。
美味しく食べるのが一番大切です。

 

 

関連記事

野菜の効果的な調理法は?
冷凍野菜は生野菜より栄養価が低いの?