オーガニック野菜、有機野菜、無農薬野菜、減農薬野菜の違いは?

「無農薬野菜=農薬が入っていない」とは限らない

 

オーガニック野菜と有機野菜は同じ意味。
農薬や化学肥料などの化学物質を2年以上使わず、堆肥などで土作りをした田畑で育てられた農産物を指す。
農林水産省が定めた登録認定機関の認定を受け、「有機JASマーク」を取得することで初めて「オーガニック○○」や「有機○○」の表示が許される。

 

有機JASマーク

有機JASマークが貼付されているのは、有機農産物と有機農産物加工食品。
有機やオーガニックとうたった商品には、このマークが貼付される義務があるので、注意深く確認して購入しよう。

 

 

一方、「無農薬野菜」は、栽培期間中のみ農薬を使わずに育てた農産物。
農薬を使わないのは栽培期間中なので、同じ田畑で農薬を使って野菜を育てていれば、土中に残留した農薬を野菜が吸収している場合がある。
無農薬=農薬ゼロの野菜とは限らない。

 

また、「減農薬野菜」は、農薬を減らして育てた野菜だが、農薬削減の比較基準は、農薬使用回数や残留農薬量など、不明確な為、消費者に購入の判断が難しい表示となっている。

 

無農薬野菜や減農薬野菜は、消費者に誤解を与える表示として、農林水産省の「特別栽培農産物表示ガイドライン」で、禁止されており、代わりに栽培法の詳細を示すラベルの貼付推進している。
ただし、これには法的拘束力がないため、違反が後を絶たないのも事実。
賢く野菜を選ぶ為にも、こうしたラベル表示に注意したい。

 

農林水産省新ガイドラインによる表示

 

無農薬や減農薬といった表示には要注意!

 

有機JASマークとは違い、法的な拘束力はないが、無農薬や減農薬などといった紛らわしい言葉は、農水省のガイドラインで表示が禁止されている。

 

代わりに、農薬の削減量の割合や酸麩回数、化学肥料の使用状況などをまとめた表の貼付を推進しているので、これを確認したい。

 

 

関連記事

美味しい野菜の選び方
美味しい野菜はいつ、どこで買えばいい?