美味しい野菜の選び方

どこを見て選ぶと一番美味しい野菜を買えるの?

まずは旬を知ることから。そして、均整の取れた野菜を選ぼう。

 

一年を通して手に入る野菜が多くなり、旬が分かりにくくなっているが、本来は野菜は生き物。
植生に合った季節に育つからこそ、生命力が強く、農薬や肥料が少なくても無理なく成長できる。
美味しくて残留農薬の少ない野菜を選ぶには、旬を意識することが大切。

 

美味しい野菜を見分けるポイント

丸い野菜を選ぼう

 

栄養を自然なリズムで吸収し育った野菜は、バランスの良い均一な丸い形をしている。

 

 

大きすぎず、でもずっしりした野菜を選ぼう

 

均等に栄養を吸収した野菜は、大きすぎない自然な大きさで、手に持つとずっしりしている。

 

 

根・芽・子室の多いものを選ぼう

 

根や芽、子室(種の入った部屋)が多い野菜は子孫を残そうとする力が強く、実にも栄養をたっぷりため込んでいることが多い。

 

 

軸が小さめで真ん中であるものを選ぼう

 

野菜にとっての軸は栄養を送る大切な器官。
これが真ん中にあり、丈夫なものは生命力が強く、美味しい。

 

 

葉の緑色が淡いものを選ぼう

 

自然栽培のみずみずしい野菜の表皮はクチクラ層という植物性タンパク質の被膜で守られている。
この薄い層があるため、旬の野菜の葉は淡い緑色をしている。

 

 

形や葉脈が左右均等のものを選ぼう

 

均等に栄養を吸収した野菜は、全体的な形や葉脈が左右対象になっている。

 

 

ひげ根の跡が真っ直ぐに並んでいるものを選ぼう

 

根菜類の野菜は土の養分を吸い上げながら真っ直ぐ伸びる。
ひげ根の跡も真っ直ぐに並んだものを選ぶと良い。

 

 

野菜の旬を知ることは美味しい野菜への近道

トマト、セロリ、レタス、セリ、フキ、タケノコ、ソラマメ、グリーンピース、アスパラガス、クレソン、山菜、菜の花、イチゴ
ピーマン、パプリカ、キュウリ、ナス、ショウガ、オクラ、ズッキーニ、ツルムラサキ、モロヘイヤ、サヤインゲン、トウモロコシ、枝豆
キノコ、山芋、カボチャ、カブ、ニンジン、レンコン、ジャガイモ、春菊、チンゲン菜、玉ねぎ、サツマイモ、ゴボウ
大根、サトイモ、白菜、ネギ、水菜、ニラ、ほうれん草、カリフラワー、ブロッコリー、小松菜、キャベツ、高菜

 

 

関連記事

美味しい野菜はいつ、どこで買えばいい?
オーガニック野菜、有機野菜、無農薬野菜、減農薬野菜の違いは?